『宝の海のお届け人』植木勇次のブログ

長崎県諫早市小長井町で漁師をしています。『漁師への道』や『有明海の魅力』などを書いているブログです!

小長井の海で育った、植木水産の牡蠣はいつ食べれる?

みなさん、こんばんは。

長崎県諫早市小長井町の漁師、『宝の海のお届け人、植木』です。

 

久々のブログとなってしまいました。

が、

ブログへのアクセスは、更新していなくても50PV位あります。

見て頂いている方の為にも書きます(笑)

 

 

今年も多く頂く、お問合せ。

 

今日も会社の電話には、

「牡蠣は、もう販売されていますか?」

といったお問い合わせが、多くありました。

 

皆さま、本当に販売を待っていらっしゃるんですね。

とても嬉しいです!!

 

では、販売開始時期をお知らせします!!

植木水産では、11月20日前後を予定しております。

 

自然相手ですので、必ずとは断言できませんが、

あくまで、予定です。

 

 

牡蠣が大きくなるまでをフラッシュバック!!

 

このブログでも書いてきましたが、

ゴールデンウイーク頃に

 

f:id:ueki_suisan:20181028181843j:plain

 

牡蠣イカダへ

 

f:id:ueki_suisan:20181028181923j:plain

 

種を下げます。

この頃の牡蠣は、

 

f:id:ueki_suisan:20181028181818j:plain

 

まだ、この位の大きさです。

 

そうそう、牡蠣イカダは、3~5年で作り変えます。

イカダの寿命は、潮の流れが大きく関係し、

流れが速い所は、3年しか持ちませんが、牡蠣の生育はいい傾向があります。

しかし、リスクも伴いますので、植木水産では分散して、

今年はイカダを3基で育てています。

 

イカダを作るのが、もう大変(汗)

 

f:id:ueki_suisan:20181028183244j:plain

 

こんな太っとい竹を人力で

 

f:id:ueki_suisan:20181028183304j:plain

 

組んでいきます。

完成した時は、家一軒建てた感があるので、

 

f:id:ueki_suisan:20181028183424j:plain

 

記念写真も撮りたくなります(笑)

 

そして、6月頃には、

 

f:id:ueki_suisan:20181028182140j:plain

 

この位まで成長します。

ん~、約2倍の大きさ位です(笑)

 

そして、現在。

 

f:id:ueki_suisan:20181028183511j:plain

 

手のひらサイズまで大きくなっています。

 

殻は大きくても、身入りが悪いとプロとして、

お売りする訳にはいきませんので、

本当の意味の販売解禁日は、父次第かもしれません(笑)

 

日本全国の小長井牡蠣ファンの皆さま。

もうしばらくお待ちください!!

 

牡蠣の美味しさを一層楽しめる、

ロケーションも準備したいと思っていますので、お楽しみに!!

 

 

 

そいぎんた、また。

 

植木水産HP

f:id:ueki_suisan:20180606092734j:plain


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ